【レポ】12/3『江戸湾直送 回転 東京すし街道By ITAMAE SUSHIアクアシティお台場店』Open

2008年~2011年の4年連続「本まぐろ」初競最高値落札の実績を持ち、こだわりの本まぐろを提供する寿司店『板前寿司』を展開する株式会社板前寿司ジャパンが、新業態となる回転寿司『江戸湾直送 回転 東京すし街道By ITAMAE SUSHIアクアシティお台場店』を12/3にオープンさせる。

これに伴い、12/1にメディア向けに先行試食会を開催。TOCpressも参加させて頂いた。

登壇した株式会社板前寿司ジャパンの中村桂代表取締役は「東京に来たら東京の美味しいお寿司を食べて貰いたい」という熱い思いを訴えた。

美味しい魚が集まる場所、湾。
業界では東京湾は巨大な生簀と呼ばれている。
汚染されたイメージを隠すために「東京湾」と言われていた。
江戸前寿司は技術や仕込み、江戸前の魚を使う、が本来。
何とかして本物の東京湾の魚を使った魚を食べて貰いたい、どうしても東京湾でとれた魚を美味しく食べてもらいたい…その思いから海外からのお客様も含め、観光客の方も入りやすい環境を作りたいというコンセプトの元、まさに東京湾に面するお台場を選んだという。

さらに徹底したこだわりはほぼ国産、9割は江戸湾(東京湾)でとれたものを使用。
全て冷凍せず、生のままで提供。
今日とれた魚を今日のうちに配送。
夜の便で運び、市場に通すよりも半日早く翌日には店頭に並ぶ。
江戸前を10割にしなかった理由は「東京湾のしかないの?」という質問や海外からのお客様からリクエストがあるであろうサーモンやエンガワ、白子ポン酢などを外せなかったためだそう。

客単価¥3000~¥4000を想定。
今までの回転すしを踏襲しつつ、「東京すし街道」として新しい業態を目指し、まずは年商2000万、ゆくゆくは4000万の収益を目標とする。

筆者も試食会に参加させていただいた。

金目鯛~漬けとおろしポン酢
江戸湾平目の昆布締め
江戸湾スズキの塩かぼす
富津の生牡蠣(江戸前オイスター)
あさり茶碗蒸し
江戸湾真あじ
江戸湾のどぐろ
江戸湾すみいか
活〆煮穴子
もろきゅう巻き
金目鯛あら汁
本まぐろ中とろ鉄火
自家製濃厚プリン

頂いたメニューは、江戸湾でとれたもの。オススメの一部であるが、ネタがかなり大ぶりで、テーブルにあるタブレットを見ると思ったよりもお安いのは、やはり市場や仲買を通していないところが来店者に還元されている形が見て分かる。
お出汁のきいた茶碗蒸しや金目鯛のあら汁など、サイドメニューもかなり美味しい。
おなかいっぱいの盛りだくさん!
中とろ鉄火に至っては海苔も美味しく、こだわりの海苔は丸山海苔店の「極上こんとび」と妥協なし。
東京に来たら東京のものを!!
回転寿司店なので予約は出来ないので、これから行列の予感!

【江戸湾直送 回転 東京すし街道By ITAMAE SUSHIアクアシティお台場店】
東京都港区台場1丁目7番1号
アクアシティお台場6F
(ゆりかもめ台場駅から徒歩2分、お台場海浜公園駅から徒歩4分、りんかい線 東京テレポート駅から徒歩7分)
TEL:03-6457-1151
営業時間:11:30~23:00(L.O.22:30)
定休日:なし

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です